Japan

 

大阪、京都、兵庫の関西2府1県で緊急事態宣言が解除されました。
首都圏でも25日には解除かもしれません。

たしかに医学医的にコロナウィルスが終息してくれるのはありがたいです。

でもこの緊急事態宣言発令中の約1ヵ月間でどれだけ日本経済はどれだけ棄損したでしょう?

・各地の繁華街でお店の賃貸契約解除が続発
・各地の旅館・ホテルでの廃業届が相次ぐ
等々

ナイナイの岡村の風俗嬢に関する発言が、炎上したのは記憶に新しい事です。
勿論そんな風にこの状況をとらえている岡村は非難されて当然かと思います。

でも各地で起こった廃業や倒産、さらにはどんな職業であっても自分の責任でなく、この状況のおかげで不遇な状況にある国民に対し、手を差し伸べるのは誰の役目でしょうか?

当たり前ですが、それは国家の役目です。

こういったときにこそ国家は前面に立って国民を守るのが役目ではないでしょうか?

「自己責任」という言葉を聞き始めて何年たつでしょうか。
初めは何事にも人に頼るような甘えに対して戒め的に「自己責任で・・・」と言っていたような気がしますが、いつから「国は何にもしないから、国民は勝手にやって」という意味になったのでしょうか?

ゴールドマンサックスの発表では4ー6月期の我が国の実質GDP成長率は対前年同期比でマイナス25%になるといいます。

こういったことはすべて国民の自己責任なのでしょうか?
では何のために私たち国民は高い税金を日々払い、この前も国民の60%以上が反対した消費税が増税されるのを我慢してきたのでしょうか?
じゃあ、国家っていったい何を国民のためにしているのでしょうか?

ここにきていろいろな事が見えてきたような気がします。
我々国民は、もっと国家に求めても良いんじゃないでしょうか?
こんなすさまじい状況下では、決して甘えなんかじゃない!

我々は、さながら「北斗の拳」の世界のような、殺伐とした人から物を奪えるチカラだけに頼って生きなければならないような世界に生きているんでしょうか。
絶対に違うと思います。

冷静に考えてみましょう。
今回国民一人当たり10万円の給付金が出ることが決まっています。
申請方法はコチラで確認してください。

では、この一人あたり10万円、国家全体では約12兆円は、いったいどこから来るのでしょうか?

そうです国債を約9兆円分追加で発行すると言ってます。

じゃあこの約9兆円は誰のお金ですか? どこにあったお金ですか?

もう気が付いたと思います。
そもそも国債発行して作るお金は、誰かが持っていたお金ではないんです。
国家は国債発行して、この世に新たにお金を作ることが出来るんです。
だって、この間に誰か国にお金を貸しましたか?
誰も貸してないですよね?

つまり、だれの助けも借りずに、誰に迷惑をかけることなく、どっかの予算を削ることなく、
国家は新たにお金を作って、国民に配れるんです。

だから、決して優先順位をつけることなく、選別することなく困ってる国民を堂々と助けることが出来るのが国家たるものです。

だからもっと財政出動して、既存した日本経済を立ちなおさせることが出来るのも国家なんです。

さぁ、皆さん、国がお金を使うよう堂々と声を上げていき、とっととこの厳しい状況を脱出しましょう!

今回は、久々に真面目にそして少々ハイになって唸ってみました。。。