特定給付金申請書

何かと期待されている10万円給付金の申請方法を超カンタンに説明してみます。

補正予算案が4月30日に成立し、新型コロナウイルスにより影響を受けた家庭への支援が決まっています。
給付の対象は、2020年4月27日の時点で住民基本台帳に記録されている人です。

10万円給付金の申請方法は、郵送での申請か電子申請になります。
パソコンやスマートフォンを利用して申請する場合はマイナンバーカードとカードを作成した際に登録した暗証番号、銀行口座の確認書類が必要です。
電子申請の場合はICカードリーダーかスマートフォンを使用してマイナンバーカードを読み取ります。
スマートフォンを使う場合は、対応している機種が必要です。

マイナンバーカードは紙の通知カードではなく、ICチップが搭載されているプラスチックのカードを使います。
電子申請ではマイナンバーカードを作成した際に登録した、署名用電子証明書の暗証番号を入れます。
暗証番号を決められた回数以上間違えると、ロックされてしまいます。
マイポータルにアクセスすると、特別定額給付金の申請画面が出てきます。
後は申請ボタンをクリックし、画面の指示にしたがって必要な情報を入力します。
メールアドレスや住所などの個人情報、給付金の振込先口座情報を入力して確認書類をアップロードすれば申請完了です。

郵送の場合は送られてきた申請書に個人情報や振込口座など必要事項を記入して、確認書類と一緒に市区町村に返送します。
電子申請でも郵送でも正しく申請でき確認書類に問題がなければ、世帯ごとに振込先口座に給付金が振り込まれます。
振込先の口座を持っていない場合は、必要な書類を市区町村の窓口に持参すれば窓口で給付されます。

DV被害などで済んでいる市区町村と住民票に記載されている市区町村が異なる場合は、現在住んでいる市区町村に申し出て確認を受けます。
2020年4月27日の時点で住民基本台帳に記録されていれば、外国人も給付の対象となります。
短期滞在や不法滞在の外国人の場合、住民基本台帳に記録がないため給付は不可です。