ヒーローと遊ぶ

覆面作家バンクシー作と見られる、新たな作品が注目を集めています。

その作品はデニムとTシャツ姿の男の子が、看護師の人形をヒーローに見立てて遊ぶ姿を描いたというもので、サイズにして1平方メートルのキャンパスに納められています。
男の子のそばにはアメリカンコミックの人気キャラであるスパイダーマンやバットマンの人形が無道さに置かれた様も描かれており、件の男の子にとって看護師はヒーローとしての位置づけであることを窺い知ることが出来るでしょう。

バンクシーといえば、その作品の発表の舞台が意想外の場所であったり、作品内容がリアルタイムの政治や社会状況を反映したことが多いため、常に世界中の広い注目を集めるわけですが、今回のTシャツ姿の男の子のイラストは。新型コロナ感染症治療の最前線のイギリス南部のサウサンプトン病院であることが今回、注目と共感を集める理由になっているようです。
全体がモノクロでまとめられた今回の作品は、同病院の協力のもと救急病棟ロビーに飾られています。

この作品には作者バンクシー自身のメモが残されており、「あなた方尽力に感謝します。」「この作品で少しでも現場が明るくなることを願っています」というメッセージが記されていたそう。

コロナ感染症はいまだに終息がいつになるのか見通しをつけることは出来ませんが、医療現場で日々自らも感染リスクに直面しながらも患者に寄り添い、医療を提供する医師や看護師を初めとした医療スタッフはまさにあまねく人類にとってのヒーローとも言うべき存在です。
時の政治や社会経済問題を巡るリアルタイムの課題に対して、風刺やシニカルな批評精神を根底に見据えた作品の数々を発表してきたバンクシーですが、今回の看護師をヒーローに見立てて遊ぶTシャツ姿の男の子のイラストは国籍や人種の壁を越えて幅広い共感を得ています。
コロナ感染症は誰もが感染する可能性があります。不安や恐怖に震える患者にとり、献身的に医療に従事する医療関係者は最後に頼りに出来る存在です。そんな共通認識があるからこそ、今回のバンクシーの作品は強く心を打つのではないでしょうか。