tewoagero

政府が10万円給付の話が出てきて久しく、いまだ10万円の給付が全国民にいきわたってすらいないのですが、そもそも「手を上げさせて」支給しようとしている10万円という額も焼け石に水程度です。
10万円なんてどうせ支給されても雀の涙程度だから支給するだけ無駄だという話ではありません。
10万円は焼け石に水程度でしかないのはわかっているが、休業や失業を余儀なくされてその10万円すらも手を挙げてでもほしい世帯はあるのです。

新型コロナウイルスによって多かれ少なかれ自分の生活が変わった人がいる中で、本来ならば手を上げさせるのではなく、特に条件を設けずに広く国民にいきわたるように渡すべきところを「手を上げさせる」というのが大いに問題です。

そもそも10万円給付だけではありません。緊急事態宣言の延長を国民に対して宣言をし、国民に外出や営業自粛を強要するのであれば、営業しなくてもいいように、また廃業しなくても済むように補償する必要があります。
営業自粛をした事業者への協力金もあまり十分とは言えません。営業を自粛しないのではなく、営業をやめてしまうと生活が成り立たないのです。ウイルスに感染することと同じくらい生活費が稼げないというのは同じくらいリスクなのです。

営業自粛をしない事業者に対しては名前を公表するという脅し文句まであります。
その例が営業を自粛しないパチンコ店の公表ですが、パチンコは依存症を生むから別に営業自粛が原因で潰れてもいいのでは…という話とすり替えられそうにもなります。

たしかに、ギャンブル依存症の問題は有ります。でもそれはいま議論する話ではありません。

だって、閉店を半ば強制されているパチンコ店を営んでいる人の生活はどうなってもいいのでしょうか。
依存症を生むものを営業していた人間の責任だという話で帰結してしまうのは問題があります。

第三者が「これは社会にとって無駄」と決めつけて補償をするしない、営業自粛をしない業者として名前を公表するかどうかを判断するのがおかしいのです。
社会を構成する国民同士が「みんなが自粛をしているのに、あいつは自粛をしない」とリンチをするように個人を責めるのではなく、自粛をしたくてもできない人を生んでいるのは何か、という方向で議論をする必要があります。