特別定額給付

特別定額給付となる10万円給付金は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として令和2年4月20日に閣議決定が行われたものです。
新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に伴う10万円給付金といった施策の目的の中には、生活の維持に必要な場合を除き外出を自粛して人との接触を最大限に削減する必要があるとあります。
医療現場をはじめ全国各地の様々な現場で取り組んでいる人々の敬意および感謝の気持ちを持ち、人と人が連携を図り一致団結を行い見えない敵との闘いといった難関を克服しなければならない。
これに伴い感染拡大防止に留意しつつ簡素な仕組みおよび迅速かつ的確に家庭への支援を行う、これを施策の目的にしています。

ここまでの説明の中で言えることは支給対象者は一般家庭であることがわかりますが、詳細の説明の中にある給付対象者および受給権者には、基準日(令和2年4月27日)時点で住民基本台帳に記録が行われている者を給付対象者とし、受給権者はその者の属する世帯主とあります。
これに加えて、給付を受けることができる人は国籍を問わない、4月27日時点で住民基本台帳に記載が行われているすべての人が対象になるわけです。
具体的な例を示すと、日本に住んでいる日本人および3か月を超える在留資格を持っている国民票の届け出を行っている外国人が対象になります。

さらに、ホームレスの中には住民票の登録がなくなっている場合もあるかと思われますが、4月27日時点で日本に住んでいる、4月28日以降でも住民票の登録を行えば支給対象者に含まれるなどの特例も認められています。
なお、給付金を受け取るためには住民票のある市区町村への申請が必要になりますが、新型コロナウィルス拡大防止のため郵送もしくはオンラインのいずれかで行う、申請の際には申請者の本人確認が可能になる運転免許証やマイナンバーカードなどの写しと指定口座を確認することができる通帳もしくはキャッシュカードの写しなどの書類が必要です。